講師室

講師の先生方をご紹介します。皆さん、現在も予備校等で活躍されております。また、代表である私、上村が個人的にご縁をいただいた優秀な先生方です。(順不同)

英語講師の友成好伸(ともなりよしのぶ)先生です

英語の勉強が単なる作業になってはいませんか。方向が定まらず滞ってはいませんか。僕は高校の時好きなことしかしてなかったので、三年のときさっぱり授業がわからず赤点すれすれで卒業しました。皆さんの中にも似たような感じになっている人もいるかもしれません。でも今の状態は全く問題ではありません。意志をもって何かを変えることです。早く基礎を固め、根気よく継続させ、講義をしっかり聞いてポイントを押さえることにつきます。予備校とは方向を教える羅針盤のようなものです。私は医学部受験生に効率よく英語を学んでもらうための指導と日々格闘しております。受験は実力をはかるだけでなく一種のゲームのようなところもあります。その辺も授業では伝授いたします。 

 

古文講師の伊東慈子(いとうよしこ)先生です。

古文なんて読んでもわかんなーい。外国語みたいじゃん」「漢文って何?暗号?呪文?だいたい漢字読めないしぃ」ハイ、そうですよねぇ。ほとんどの受験生の皆さんは古典が大っ嫌いでしょう。無味乾燥な文法の暗記や、全文訳だけの授業。。。眠くてしかたがないですよね。しかし、私の授業は違います。無機的な文字の羅列と思えたものが、リアルな息遣いを感じる映像に変わります。文脈をつかむために、どこにポイントを置いて読んでいけばよいのか。必要最低限の知識として、何を身に着ければよいのか。古典を得点源にするための効率的な学習法を伝授します。
少ない努力で最大限の効果を狙いましょう。基礎力養成から難関大学対策まで、一人一人の習熟度に合わせて授業内容をカスタマイズ。超難関国公立二次の記述対策もお任せ下さい。丁寧に添削指導します。

 

 

数学講師の岳野雅継(たけのまさつぐ)先生です。

私は、一人ひとりの生徒にとことん真剣に向き合います。向き合うということは寄り添うということとは異なります。向き合うこととは迎合することなく、時には厳しい態度で望むということでもあります。近年では、問題の解き方を覚えている、言葉を換えれば問題演習の経験を積むだけでは対応できない問題が多く、したがって、数学の土台となる基本的な考え方を徹底的に解説します。

 

 

化学講師の池上晴香(いけがみはるか)先生です。

私の授業では前期と夏期でしっかりと理論化学を学習していきます。現象や原理の解説や、実際に出題された問題を利用して解法の組み立て方を細かく理解していくことが目標です。
その後有機と無機においては、授業内で暗記ノートを作っていくので、ノートを利用し自主学習内で効率よくしっかりと覚えていきましょう。

 


英語講師の吉田和正(よしだかずまさ)先生です。

丸暗記から卒業したいあなた、わたしから英語を習いませんか?
~丸暗記のデメリット~
① 暗記作業は、まったく思考を伴わないので、頭が悪くなる!
② 覚えにくく、忘れやすい!
③ 応用が利かない(=発展性がない)!
④ 暗記作業ほど、単純でつまらないものはない!
上述のように丸暗記には一つもいいことはありません。そもそも丸暗記なら、教師は要りません。教師の「こういうものだから、覚えるしかない」というフレーズにうんざりしているあなた、わたしがお腹の底から理解させてみます。