高認受験生へ

少子化が進むにつれて、学校になじめずに不登校になったりするケースが増えてきました。私、上村が考えるに、少子化によって、子供たちは常に見られている時間が増えてきたことが原因の一つではないかと考えています。言葉を換えれば、多数の中に自分の姿を潜めることができない、つまり、息抜きができないことが原因かと考えたりもします。

そんな状況のなかで、ほとんど義務教育となっている高等学校からこぼれてしまう状況は、その後の専門学校や大学への進学あるいは就職活動に大きな影を落とすことになります。そこで、たとえ高等学校を経由しなくとも、ある一定水準の試験に合格さえすれば高校卒業と認定される制度が高等学校卒業程度認定試験です。この試験はかつては大学入学資格検定と言われた制度とほぼ同じものです。

当教室代表の上村はかつて大検予備校で教えていた経験と、最近も個人指導を引き受けたこともあって、この制度を利用して大学受験を目指す生徒諸君のバックアップをしたいと考えています。